Webアプリケーション脆弱性診断|Web Application Vulnerability Assessment

Webアプリケーション脆弱性診断

Webアプリケーション脆弱性診断とは

Webサイトにおけるコンテンツ層に対して、攻撃者の視点から診断員がツールおよび手作業による擬似的な攻撃を行い(ブラックボックステスト) 、脆弱性の有無と対策手段を明らかにし、レポートにまとめてご報告するサービスです。診断中に深刻な脆弱性が発見された場合は、対策を含めて即ご報告致します。

主な診断項目

診断項目左記脆弱性が存在することによって被る被害例
総当たり攻撃
Brute Force
IDやパスワードが簡単に推測可能であり、管理者や他のユーザに成りすまされてしまいます。
もろいパスワード復元の検証
Weak Password Recovery Validation
ユーザがパスワードを忘れた際の回復方法に問題があり、パスワードの情報が外部に漏えいしてしまいます。
セッションの推測
Session Prediction
セッション情報が推測しやすい値の場合、攻撃者は正しい値を推測し、管理者やユーザに成りすますことができます。
不適切な承認
Insufficient Session Expiration
承認が不適切だと、アクセス権限の高いコンテンツや機能へのアクセスを認めてしまいます。これにより、攻撃者が他のユーザや管理者に成りすます危険性があります。
コンテンツの詐称
Content Spoofing
偽のコンテンツをあたかも正式なものであるかのように装ってウェブサイトに表示し、ユーザを欺きます。これにより、パスワードを抜き取られたり、フィッシング詐欺サイトへ誘導されたりする危険性があります。
クロスサイト
スクリプティング
Cross Site Scripting (XSS)
サイトをまたがって不正な要求を送り、ユーザが意図していないスクリプトを実行させられてしまいます。その結果、例えば偽ページを表示することが可能になり、フィッシング詐欺などに悪用されてしまいます。
OS のコマンド実行
OS Commanding 
サーバ内のOSのコマンドを不正に実行されてしまいます。これにより、ウェブサイトからの情報漏えい、改ざん等の危険性があります。
SQL インジェクション
SQL Injection
DBサーバへのアクセスを不正に実行されてしまいます。これにより、ウェブサイトからの情報漏えい、改ざん等の危険性があります
情報漏洩
Information Leakage
ウェブサーバから意図していない内部情報が外部に漏えいしてしまいます。
ウェブサーバ・
アプリケーションの特定
Fingerprinting
ウェブサーバ、ウェブアプリケーションの種類やバージョン情報から脆弱性が探り出され、攻撃の足がかりとされてしまいます。
機能の悪用
Abuse of Functionality
ウェブサーバ、ウェブアプリケーションの持つ機能を不正に実行されてしまいます。その結果、SPAM(メールを大量配信すること)の中継地点に使われるなど、悪用されてしまいます。

成果物サンプル

表紙
診断結果概要
診断詳細
診断結果概要(グラフ)

サービスの特長

世界基準かつ経産省準拠
高い客観性のサービス

高度認定資格であるGIAC資格などの取得者を要する、最高技術レベルのチーム体制。ご提供するサービスはIPAが発表している「安全なWebサイトの作り方」および経済産業省「情報システムモデル取引・契約書<追補版>」をベースとした「IPA基準:22項目診断」と「経済産業省基準:31項目診断」がございます。

マニュアルによる丁寧な検証

ツールだけのレポートではないマニュアル診断を実施しています。1機能ごと診断した結果を診断員が実際に検証し、真の脆弱性かどうかを判断しています。また問題箇所は実際のキャプチャーを報告資料に明示しますので、一目で脆弱性が理解出来ます。

制作ベンダゆえのノウハウと
丁寧なレポート

実際にサイトを数多く制作してきた開発ベンダゆえのノウハウがあります。​診断結果を分かりやすく図解したレポートを作成し、Webサイトの現状と問題点をご報告いたします。さらに、問題箇所を分かりやすく解説し、脆弱性の対策についてもご提案致します。​解説については、すべて弊社セキュリティチームメンバーが記述しますので、ツールが自動的に生成した説明とは、分かりやすさが違います。​

1000サイト以上の豊富な導入実績

業界としていち早く診断サービスを立ち上げ、多種多様な業界と規模のWebサイトの診断を実施してきました。診断実績数は1000サイト以上と豊富な実績がございますので、安心してご依頼ください。

導入の流れ

STEP
サービスご契約
  • 機密保持契約の締結、情報提供
  • お見積
  • ご発注
STEP
診断事前調整
  • 診断スケジュール調整
  • ヒアリングシートのご確認、ご記入
STEP
弊社にて診断および報告書作成
  • 診断
  • 深刻な問題が発見された場合は速報のご提出
  • 報告書作成および納品
STEP
報告会/再診断実施(オプション)
  • オプションで報告会や再診断をお申込みいただいている場合、スケジュール調整の上それぞれ実施

関連サービス

あわせて読みたい
WebAPI/IoTサーバサイド脆弱性診断|WebAPI Vulnerability Assessment WebAPI/IoTサーバサイド脆弱性診断 【とは】 Webアプリやスマートフォンアプリの通信先WebAPIに対し、攻撃者の視点から診断員がツールおよび手作業による擬似的な攻撃を...
あわせて読みたい
プラットフォーム脆弱性診断|Platform Vulnerability Assessment プラットフォーム脆弱性診断 【プラットフォーム脆弱性診断とは】 ​診断員が診断対象サーバに対してスキャンをベースとした検査を行い、検出されたセキュリティ上の問題...
あわせて読みたい
クラウドセキュリティ設定診断|Cloud Security Assessment クラウドセキュリティ設定診断 【クラウドセキュリティ設定診断とは】 クラウドセキュリティ設定診断は、​クラウドプラットフォームに存在する様々なリソースに対する設...
あわせて読みたい
公開画面調査|Unveiled Console Investigation 公開画面調査 【あなたのITの管理コンソールは犯罪者に開かれていませんか?】 昨今、WebサーバーやCMS、その他IT機器の制御用コンソールが不正アクセスされる事案が急...

導入事例

ブログ