脆弱性診断|Vulnerability Assessment

自社サイトの危険度を知る。
それがセキュリティ対策、はじめの一歩。

脆弱性診断は対象によって診断の手法や内容が異なります。
当社では長年に渡る経験と最新の知見に基づき、Webアプリ、スマートフォンアプリ、サーバ・ネットワーク機器などの
診断対象に合わせた最適な診断をご提案いたします。

サービス概要

Webアプリケーション脆弱性診断

Webアプリケーションをスピーディに診断します。発見した脆弱性の内容と脅威を報告し、対策方法をご提案致します。

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断

スマートフォンアプリ(Androidアプリ・iOSアプリ)のアプリ、およびアプリと連携するサーバ側のプログラムに対して詳細な診断を実施します。

WebAPI / IoTサーバサイド脆弱性診断

WebAPIに対して疑似攻撃を仕掛け、脆弱性を診断します。発見した脆弱性の内容と脅威を報告し、対策方法をご提案致します。

プラットフォーム脆弱性診断

コンピュータやネットワーク全体のセキュリティ上の弱点となるソフトウェアの欠陥(バグ)や設定ミス、設計や仕様上の問題がないか診断します。

クラウドセキュリティ設定診断

AWS Security Hub や Microsoft Defender for Cloud を用いて、AWS や Azure 環境の設定にミスがないか診断を実施します。その結果をもとに診断結果レポート (チェック内容/リスク/修正方法) をお渡しします。

※対象環境

  • AWS ( Amazon Web Services )
  • Microsoft Azure
公開画面調査

自社で管理がなかなか行き届かない、外部に公開されている制御用コンソール(公開画面)が、組織内にどれくらいあるかを調査します。

導入事例

ブログ