標的型攻撃メール訓練|targeted email attacks training

標的型攻撃メール訓練

日々攻撃手法が巧みになってくる標的型攻撃メールについて、
同様の疑似攻撃メールを従業員の皆様に送り、
セキュリティ事故に遭遇しないように訓練を行います。
標的型メールを理解し意識啓発するために、実際同様の標的型メールを受信し疑似体験していただきます。
また、リンクやファイルを開封してしまった際には、
その場で教育コンテンツを閲覧いただき次回から開封しないよう理解を深めていただきます。

特徴
訓練コンテンツの柔軟な対応

標的型メール内容、教育コンテンツの 内容をカスタマイズすることができ、 実際の攻撃に近い訓練が可能です。

特徴
繰り返しによる認知度の向上

1回のサービスで期間を置いて 複数回の標的型メールを送信することで認知度を上げます。

特徴
訓練効果の可視化

複数回のメール送信により、結果の比較が可能です。また、部署等の任意単位で傾向把握が可能です。各種数値については報告書にて情報提供をいたします。

特徴
目的に合わせた豊富なプラン

本サービスは「現状把握のみを行いたい」、「教育を実施したい」といった 様々なニーズに合わせ下記のプランをご用意しています。

導入の流れ

STEP
サービスお申し込み
  • 情報提供、お見積
  • ご発注
STEP
事前準備
  • 実施スケジュール調整
  • ヒアリングシート記入
  • 訓練コンテンツ(メール内容等)決定
  • 送信先メールアドレス準備
  • 事前テスト送信
STEP
訓練の実施
  • 1回~複数回の訓練を実施
  • 以下は必要に応じて実施
    • 組織内アナウンス
    • 社内教育
STEP
報告書納品
  • 対策提案も含めた標的型攻撃メール訓練結果ご報告書を提出
  • 訓練後アンケートを実施(※オプション)

関連サービス

あわせて読みたい
脆弱性診断トレーニング|vulnerability assessment training 脆弱性診断トレーニング Webサイト開発企業及びWebサイトのユーザ企業に向けたWebサイトの脆弱性が診断できるように教育・支援を行う「脆弱性診断トレーニング」を実施...
あわせて読みたい
標的型攻撃メール訓練サービス「Selphish」。
標的型攻撃メール訓練サービス「Selphish」。従業員に疑似的な標的型攻撃メールを送信し、受信者の意識向上を図ります。ポイントを押さえた訓練テンプレートを多数用意。専門知識は不要でいつでも簡単に訓練可能。

導入事例