Proactive Defense DFIR Team

インシデント対応支援
デジタルフォレンジック調査

不正アクセス、ウェブサイトの改ざん、情報漏えい、ウィルス感染など セキュリティの被害にあった時の緊急対応・調査サービス サービスについて

Proactive Defense DFIR Team は 情報セキュリティの総合サービスProactive Defense のサービスのひとつです。 DFIR ( Digital Forensics and Incident Response )の観点から、セキュリティ事故に対して強力にサポートします。

サービス内容

あらゆるセキュリティ事故に対して支援します

インシデント対応支援

インシデント対応支援は、現在発生しているセキュリティ事故を収束させることを目的としたサービスです。 現場の担当者と連携し、インシデント解決に向けて様々な支援を行います。

フォレンジック調査

フォレンジック調査は、基本的にインシデントが収束したあとの事故後の調査がメインとなります。 事故原因の特定や個人情報などが漏えいしていないか等を調査します。

レポート

対応支援や調査の最終では必ず調査レポートを提出し、担当者による報告会を実施します。 調査の結果に対する詳細や、今後どうすべきかなどを柔軟に解説します

よくご依頼があるケース

社内でのインシデントやクラウド環境など多くの実績があります

社内事故の対応支援
Webサイト改ざん調査
ランサムウェア対応
個人情報漏えいの調査

対応ケースについて

多彩な状況に柔軟に対応します

サーバ・パソコン調査

AWS や Azure など、クラウド環境も対応可能です。 管理されているサーバや従業員のパソコンでセキュリティ侵害が発生した場合の調査・対応支援します。

Webサイトの侵害

WordPress などのCMSや Webの管理システムなど幅広く対応。 Webサイトの改ざん被害や Abuse 連絡を受けたなど、多彩な状況に対応可能です。

情報漏えい

個人情報や機密情報が外部に漏れてしまったかを調査します。 また、漏えいしていた場合はその件数やデータの洗い出しを行います。

不正アクセス

標的型攻撃のメールを開いてしまってウィルスに感染してしまったなど、 外部から不正アクセスを受けた、もしくは受けたかもしれないといったセキュリティ侵害を調査します。

ランサムウェア被害

データを改ざんし、身代金を要求するランサムウェアの被害を受けてしまった場合の調査や対応を支援します。 お金を支払うことはなんの解決にも繋がりません、永久に被害を受け続けないよう適切な対応が必要です。

その他

特殊な調査や、該当するケースがなくても対応できるケースがありますので、個別にご連絡ください。 ※ 法人以外での対応は受け付けておりません。ご注意ください。

サービス利用の流れ

状況によっては並行して進めます

ヒアリング

インシデントに気づいた日時や、何が起きたかなどの状況をヒアリングします。 ヒアリングの結果によって方針および必要な支援を決定します。

お見積もり・ご契約

お見積もりを提示し、ご契約いただきます。NDAの締結なども合わせて行います。 緊急時の際は支援作業と並行して行う場合があります。

支援・調査作業

インシデント対応支援の場合は被害状況の把握、被害の封じ込め、根絶を支援します。 インシデントが長期にわたる場合は、中間報告も行います。

フォレンジック調査の場合、まず侵害のあった対象の証跡を保全を行います。 その後、保全した証跡やご提供いただいたデータを自社で解析します。

報告会

インシデント対応にあたっての作業報告またはフォレンジック調査結果を作成します。 また、経営層向けの資料など、状況によって必要なものがありましたら柔軟に対応可能です。 今後の対応すべきことなどを報告会で解説します。

お問い合わせ

フォームに必要事項を入力の上、ご連絡ください。

お問い合わせを送信ボタンを押されましたら、個人情報の取り扱いに同意されたものとします。また、内容につきましてはお客さまの同意なく、第三者への個人情報の開示・提供を致しません。 詳しくは 個人情報保護方針をご参照ください。

本サービスは法人のみが対象となります。予めご了承下さい。

Tell: 078-335-5695 (平日10:00〜18:00)
-->
御社名*
所属部署
お名前*
メールアドレス*
電話番号*
ご相談内容*
*は必須項目です。必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。