1. STEP
  2. 資料選択
  3. *
  4. 送付先入力
  5. *
  6. 確認
  7. *
  8. 完了

●下記ご確認ください。

ご記入いただいた情報は、すべて暗号化して送信されます。

資料送付をご希望の資料・サービスにチェックしてください。※複数選択可。

サービス資料

資料・サービス名をクリックすると、サービス内容が確認できます。

  1. Proactive Defense サービス全般資料 情報セキュリティ対策サービス「Proactive Defense」の総合サービス資料です。
    ご提供中のサービス一覧、主なサービスの概要についてご説明しています。
  2. Web脆弱性診断 Webアプリケーション脆弱性診断サービス説明資料です。
    情報セキュリティ事故が企業に与える影響、Webアプリケーション脆弱性診断サービスの特徴、概要についてご説明しています。
  3. 標的型攻撃訓練サービス 標的型攻撃メール訓練サービスの説明資料です。 標的型攻撃とは?標的型攻撃メールの特徴と対策、標的型攻撃メール訓練サービス概要についてご説明しています。

セキュリティお役立ち資料

詳しくはこちらボタンをクリックすると、資料の詳細内容が確認できます。

  1. 経産省ガイドライン 「経産省ガイドライン」とは、平成18年に経済産業省より公表された「情報システムの信頼性向上に関するガイドライン」から「『情報システムの信頼性向上 のための取引慣行・契約に関する研究会』報告書-モデル取引・契約書<追補版>-」内に含まれる、「重要事項説明書」のセキュリティに関する 項目を特に、「ガイドライン」と規定した資料です。
    この資料を基に契約段階で明確に取り決めをすることでお客様とのトラブルは回避できます。

    詳しくはこちら

  2. 日本の始末書 神戸デジタル・ラボ(KDL)が作成した、Webセキュリティの現状と対策が一目で分かる小冊子です。近年企業の意識は高まりつつあるものの、本当の意味でセキュリティーに関する対策を施されている企業はごくわずかです。この小冊子は、セキュリティー診断に対する正しい知識を、少しでも持っていただくために作成しました。




    詳しくはこちら

  3. 『どこまでやればいいの?』WEBサイトのセキュリティ セキュリティ診断の現場から、「Webサイト運営者と開発者に送る、今どきのセキュリティ対策」について、解説致します。
    限られた予算の中で、効果的にセキュリティ対策を行うにはどうしたらよいのか?情報漏洩のリスクを減らすために、発注時に注意すべきポイントは?など、セキュリティ診断の現場目線から、自社のシステムを管理している方・Web サイトを開発している方が意識するべきポイントについて解説し、ちょっとした工夫で安価にセキュリティを担保する方法をご紹介いたします。

    詳しくはこちら

◆選択された資料

●下記ご記入ください。

御社名

必須

(例) 株式会社 神戸デジタル・ラボ

所属部署

任意

(例) 情報システム部

役職名

任意

(例) マネージャー

お名前

必須

(例)神戸 太郎

 
フリガナ

必須

(例)コウベ タロウ

 
ご住所

任意

  • 郵便番号を調べる
メールアドレス

必須

(例)kobe-taro@proactivedefense.jp

メールアドレス(確認)

必須

電話番号

必須

(例) 0783272280

ご要望・その他

任意

弊社からのお知らせ配信※

任意


※メールマガジンなど、弊社(神戸デジタル・ラボ)からの最新情報をご連絡いたします。

個人情報の取り扱いに関する同意

必須

ご記入いただきました内容は、Proactive Defense運営会社の神戸デジタル・ラボのプライバシーポリシーに則って管理・対応させていただきます。
詳しくは神戸デジタル・ラボのWEBサイトのプライバシーポリシーのページをご覧下さい。
弊社プライバシーポリシーにご同意いただいた上でお問い合わせをお願いいたします。