【サービス紹介】対策支援サービス 企業リスク分析

サービス内容

何のためにリスク分析を行うのか?

企業のWebサイトに対する脅威は大きくなる一方であり、今やWebサイトは大きな経営リスクを抱えていると言えます。

・日々変化する脅威に対し、Webサイト運営の現状に漠然とした不安を抱いてはいるが、なにから手をつけていいのかわからない。
・基本的な対策はとってはいるつもりだが、果たしてそれで十分なのかいまいち自信がない。

そんな悩みはございませんか?
「リスク分析サービス」では、現状のWebサイト運営に潜むセキュリティリスクを洗い出し、なにを優先的に対策を行うべきなのか?また次年度予算化すべき対策は何なのか?を明らかにします。

疑問1.

  • どの程度コストをかけて良いんだろう?
  • Webサイトにセキュリティの不安を感じるが、どの程度セキュリティにコストをかけて良いか判らない。
    「企業リスク分析」ではセキュリティ問題が発生した際のリスクを把握し、それを想定した対策実施をご提案します。

疑問2.

  • 特殊性を理解できる?
    目に見える成果物は?
  • コンサルティングは不安。高価なイメージや自社の特殊性をどこまで理解されるか?また、目に見える成果物は?
    「企業リスク分析」ではWebサイト構築企業によるWebサイト解析、現場ヒアリング、リスク分析により現場目線で安価なコンサルティングを行います。

リスク分析サービスの内容は以下の通りです。

PHASE1:Webサイトの関連資料の収集

ネットワーク図等分析に必要な資料をご提出いただきます。
サイト運営に関わる関係者様方に、現状調査の為の質問シートにご回答いただきます。

PHASE2:Webサイトの特性や運用方法についてのヒアリング

事前にご回答いただいた質問シートに基づいて、関係者様1人あたり2~3時間をかけて現在のサイト運用状況詳細を聴取します。

PHASE3:Webサイトのリスク分析の実施

収集した資料やヒアリング結果を基に、現状のサイト運営に潜むセキュリティリスクを分析します。

PHASE4:報告レポートの作成

リスク分析結果を報告書にまとめます。現在のサイト運営にはどんなリスクがあるのか、その影響度、対策等を記載致します。

PHASE5:ご報告会の実施

リスク分析結果をご報告し、リスクに対する対策・見直しポイントのご説明や今後のご提案を致します。

導入の流れ

仕様・価格

実施内容 リスク分析
小規模 中規模 大規模
分析対象範囲 5部門まで
※ヒヤリング対象5人まで
10部門まで
※ヒヤリング対象10人まで
11部門以上
価格 約100万円 約150万円 要ご相談
期間 1~2週間 2週間~1ヵ月 1ヵ月以上